株式総務

株式に関する業務を中心とした総務の業務を解説します。

会社法

東証一部上場会社の株主名簿管理人は?どの株主名簿管理人が多い?

投稿日:2020年4月25日 更新日:

株式総務を担当している中で、株主名簿管理人(証券代行業務の委託先)を変更しようと思ったことはありますか?
おそらく、会社のメインバンクの系列の信託銀行が株主名簿管理人であることが多いのではないかと思います。

他の会社では、どの株主名簿管理人に委託しているんだろう?、委託する会社数は、どの株主名簿管理人が多いんだろう?、と気になったことはありませんか?
当記事では、その確認結果を記載しています。




東証一部上場会社の株主名簿管理人は?どの株主名簿管理人が多い?

確認対象は、記事記載時点の東証一部(東京証券取引所市場第一部)の上場会社(約2,200社)としました。
また、確認方法としては、直近の有価証券報告書の「提出会社の株式事務の概要」欄から確認しています。

委託する株主名簿管理人ごとの東証一部の上場会社のおおよその会社数は、以下の通りです。
大手信託銀行3行が大半を占めているのは予想通りで、「監査法人」ほどの驚きはありませんでした。
ただ、大手信託銀行3行の中でも、その委託される会社数は、意外なほど開きがありました。

株主名簿管理人 区分 会社数
三菱UFJ信託銀行株式会社 大手信託銀行3行 約900社
三井住友信託銀行株式会社 大手信託銀行3行 約800社
みずほ信託銀行株式会社 大手信託銀行3行 約400社
日本証券代行株式会社 代行専業3社 50社未満
東京証券代行株式会社 代行専業3社 50社未満
株式会社アイ・アールジャパン 代行専業3社 50社未満

まとめ

東証一部上場会社の株主名簿管理人は、イメージ通り、大手信託銀行3行が中心ですが、最多は三菱UFJ信託銀行株式会社でした。

広告

広告

-会社法

執筆者:

関連記事

選任と選定の違い、解任と解職の違い(会社法)

会社法において、選任と選定という言葉が使い分けられており、解任と解職という言葉が使い分けられていますが、その違いについて、お分かりになりますでしょうか? 当記事では、会社法における、選任と選定の違い、 …

開示書類や法令等における「及び」「並びに」「又は」「若しくは」の使い分け

株主総会招集通知、有価証券報告書、決算短信その他の適時開示(以下総称して「開示書類」といいます。)を作成する際に、または会社法、金融商品取引法その他の法令及び取引所規則を閲覧する際に、「及び」、「並び …

会社法関連法令まとめ

当サイト「株式総務」は上場会社の「株式に関する総務の業務」を解説しているウェブサイトですが、上場会社の「株式に関する総務の業務」を実行するには、法令の条文を確認する必要があります。 ただ、確認を怠る上 …

中間報告書(中間事業報告書)は義務?任意?

株主総会招集通知に添付する期末の事業報告・計算書類のように中間報告書(中間事業報告書)を株主宛に発送している会社もあるかと思います。 中間報告書の作成や株主への発送は法律に定められた義務なのでしょうか …

官報掲載公告(官報公告)の閲覧方法(入手方法)は?官報の閲覧方法(入手方法)は?

官報掲載公告(官報公告)を掲載した後に、官報掲載公告(官報公告)を閲覧(入手)されることになると思いますが、官報掲載公告(官報公告)の閲覧方法(入手方法)、つまり、官報そのものの閲覧方法(入手方法)に …



名前:
火星に似たもの

職業:
とある会社で株式総務を担当しています。
株式総務に関するウェブサイトが少ないな、あると便利なのにな、と思い、拙くも開設してみました。