株式総務

株式に関する業務を中心とした総務の業務を解説します。

株式総務の会計知識 取引所規則

WACCの比較対象はROEではなくROICがふさわしいということについて、一番わかりやすく書いてみた。

投稿日:2020年8月9日 更新日:

2018年6月1日付で改訂されたコーポレートガバナンス・コードにおいて、資本コストを意識した経営戦略や経営計画(原則5-2)、資本コストを意識した政策保有株式の保有(原則1-4)が上場会社に求められるようになりました。

資本コストの代名詞といえば、WACC(加重平均資本コスト)です。

コストが意識されるはるか以前より、会社はその構成員(社員つまり株主。)からリターン(利益)を求められてきました。

それまで、意識されていたリターンといえばROE(自己資本利益率)です。
ROE経営(ROE(自己資本利益率)を重視した経営)が声高に主張されていました。

コストが意識されるということは、すなわち、コストを上回るリターン(利益)を生んでいるかどうかが意識されているということです。

そのため、一時期、ROEとWACCを比較するような状況も見受けられました(現在は、だいぶ減っているようにも見受けられます。)。
そして、それは、あまりふさわしくないと思っています。

当記事では、WACCの比較対象はROEではなくROICがふさわしいということについて、なるべくわかりやすく書いてみました。





WACCの比較対象はROEではなくROICがふさわしいということについて、一番わかりやすく書いてみた。

会社はコストを上回るリターンを得ることを株主等から期待されます。

コストにもいろいろありますが、資本コストという言葉があります。

資本コストは、お金を集めるため(資金調達のため)の費用です。

会社がお金を集める方法は、おおきく二つに分けられます。

お金を投資してもらう方法(自己資本)と、お金を借りる方法(他人資本)です。

そのため、資本コストは、株主資本コスト(自己資本コスト)と負債コスト(他人資本コスト)にわけられます。

株主資本コストは、期待される配当金と株価の値上がり益をあわせたものです。

負債コストは、支払利息です。

資本コストを求める際、株主資本コストと負債コストを単純に足し合わせるのではなく、負債(有利子負債)と自己資本の大きさの違い(比重)を調整する必要があります。

負債(有利子負債)と自己資本の大きさの違い(比重)を調整した資本コストが、加重平均資本コストです。

加重平均資本コストは、英語では、Weighted Average Cost of Capitalといい、略してWACCと呼ばれます。

WACCは、会社にお金を出す側(株主、銀行、社債権者、等。)が期待するリターンであり、お金を集める側(会社)が負うコストです。

冒頭に記載した通り、会社はコストを上回るリターンを得ることを期待されます。

コストをWACCとしたとき、比較対象とするリターンは何になるでしょうか?

リターンにもいろいろありますが、有名なものとして、自己資本利益率という言葉があります。

自己資本利益率は、英語では、Return on Equityといい、略してROEと呼ばれます。

その名の通り、自己資本に対する最終利益の比率です。

ROEは、WACCの比較対象としてふさわしいのでしょうか?

ふさわしくない気がします。

なぜなら、WACCは自己資本だけではなく、他人資本(負債)も計算に含めているからです。

それでは、自己資本だけではなく、他人資本(負債)も計算に含めたリターンの値はあるのでしょうか?

投下資本利益率という言葉があります。

投下資本利益率は、英語では、Return on Invested Capitalといい、略してROICと呼ばれます。

投下資本利益率は、投下資本(株主資本と有利子負債)に対する利益率です。

つまり、ROICは、自己資本だけではなく、他人資本(負債)も計算に含めています。

WACCの比較対象としてふさわしいのはROICです。

会社は、WACCを上回るROICを得ることを、株主、銀行、社債権者、等から期待されます。

まとめ

WACCの比較対象はROEではなくROICがふさわしいということに、ご理解いただけたでしょうか。

広告

広告

-株式総務の会計知識, 取引所規則

執筆者:

関連記事

【総務課長必見!】開示書類の役員選任理由(社外役員選任理由)の注意点

当サイト「株式総務」は、株式に関する総務の業務(以下「株式総務」といいます。)を解説するウェブサイトですが、株式総務を担当する部門の課長級の職位の方(当記事では、仮に「総務課長」とします。)は、株主総 …

カテゴリー「株式総務の会計知識」の説明

決算書(計算書類、財務諸表。)は読めますか? 当記事では、当サイト「株式総務」は、株式に関する総務の業務を解説するウェブサイトでありながら、「株式総務の会計知識」というカテゴリーを設けている理由につい …

日本証券業協会とは?東証との関係は?

日本証券業協会についてご存じでしょうか? 当サイト「株式総務」は、株式に関する総務の業務(以下「株式総務」といいます。)を解説するウェブサイトですが、J-IRISSを通じて日本証券業協会をご存じの存じ …

株式の約定日と受渡日とは?

株式の約定日と受渡日とは何を指すかご存じでしょうか? 当記事では、株式の約定日と受渡日とは何を指すか、ご説明します。 目次1 株式の約定日と受渡日とは?2 まとめ 株式の約定日と受渡日とは? 約定日と …

継続性の原則(総務も企業会計原則を使い倒そう)

「会計のルールは法律?会計基準とは?」でご説明した通り、日本の会計基準は、企業会計原則を中心として、多数の基準から構成されています。 当サイト「株式総務」は、株式に関する総務の業務を解説するウェブサイ …



名前:
火星に似たもの

職業:
とある会社で株式総務を担当しています。
株式総務に関するウェブサイトが少ないな、あると便利なのにな、と思い、拙くも開設してみました。