株式総務

株式に関する業務を中心とした総務の業務を解説します。

商業登記

登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限はありません!

投稿日:

登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限は3ヵ月だ、と声高に言う方が社内にいらっしゃったりしませんか?

実際には、登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限はないのです。
困ったものですね。

当記事では、登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限はないことについて、ご説明します。


登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限はありません!

法令の定め

登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限を定めた法令はありません。
気になる方は、以下の法令をご参照ください。

商業登記法
商業登記規則

提出先が発行日を指定することはある

登記事項証明書(登記簿謄本)に有効期限はないことはご理解いただけたと思います。

それでは何故、「登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限は3ヵ月だ。」という勘違いがまかり通っているのでしょうか?

これはおそらく、「3ヵ月以内に発行された登記事項証明書(登記簿謄本)を提出してください。」と求める提出先が多いため、勘違いにつながったと思われます。

提出先が発行日を指定しないこともあれば、6ヵ月以内の場合、1ヵ月以内の場合もあります。

極端に言えば、10年以内のものと指定される場合もあれば、3日以内のものと指定される場合もあるのです。

提出を求めるときはどうすれば良い?

逆に、こちら側が登記事項証明書(登記簿謄本)の提出を求める場合はどうすればいいのでしょうか?

他の提出先とあわせ、3ヵ月以内でもよさそうな気もします。
ただ、その3ヵ月以内に登記事項に変更が生じている可能性もあります。

登記事項証明書(登記簿謄本)を提出させる目的に立ち返りましょう。
商号、本店、目的、資本金、役員に関する事項、等の正確性や信頼性を確認する目的であることが多いと思います。

そのため、当サイト「株式総務」の運営者としては、「3ヵ月以内の発行日のもの」かつ「最新の状況の登記が済んでいるもの」の提出を求めることをお勧めします。

まとめ

登記事項証明書(登記簿謄本)の有効期限はありません!

広告

広告

-商業登記

執筆者:

関連記事

実印、認印、銀行印、丸印、手彫り印、三文判、シャチハタの違いは?

実印、認印、銀行印、丸印、手彫り印、三文判、シャチハタの違いはわかりますか? 当記事では、実印、認印、銀行印、丸印、手彫り印、三文判、シャチハタの違いについて、ご説明します。 目次1 実印、認印、銀行 …

電子公告を採用した場合の公告方法の登記に関する注意点(URLの記載)

公告方法として電子公告を採用した場合、公告方法の登記の際に、「不特定多数の者がその提供を受けるために必要な事項であって法務省令で定めるもの」を登記しなければならない、とされています。 「不特定多数の者 …

会社法関連法令まとめ(英語版)

株式総務の業務において、英文開示の要望が高まり、また義務化の方向に着実に進んでいます。そのような中で、株式総務に係る各種法令を確認したいと思われる機会も増えているのではと思います。 「会社法関連法令ま …

会社法関連法令まとめ

当サイト「株式総務」は上場会社の「株式に関する総務の業務」を解説しているウェブサイトですが、上場会社の「株式に関する総務の業務」を実行するには、法令の条文を確認する必要があります。 ただ、確認を怠る上 …

丸印とは、角印とは?

会社で働く中で、丸印、角印といった言葉を聞いたことはありますか? その意味について、ご存じでしょうか? 当記事では、丸印とは何か、角印とは何かについて、ご説明します。 目次1 丸印とは、角印とは?1. …



名前:
火星に似たもの

職業:
とある会社で株式総務を担当しています。
株式総務に関するウェブサイトが少ないな、あると便利なのにな、と思い、拙くも開設してみました。