株式総務

株式に関する業務を中心とした総務の業務を解説します。

取引所規則

株式の権利確定日、権利付最終売買日、権利落ち日とは?

投稿日:2020年9月11日 更新日:

株式の権利確定日、権利付最終売買日、権利落ち日とは何を指すかご存じでしょうか?

当記事では、株式の株式の権利確定日、権利付最終売買日、権利落ち日とは何を指すか、ご説明します。





株式の権利確定日、権利付最終売買日、権利落ち日とは?

権利確定日とは、株主の権利を得るための確定日をいいます。
株主の権利としては、株主総会の議決権、株主総会の議題提案権、剰余金配当請求権(配当を受ける権利)、株主優待を受ける権利などがあります。

権利付最終売買日とは、権利付き最終日、権利付最終日ともいい、株主がその銘柄を保有することで株主の権利を得ることができる最終取引日をいいます。

権利付最終売買日は、権利確定日の2営業日前です。
2営業日のタイムラグが生じる理由については、「株式の約定日と受渡日とは?」をご参照ください。

権利落ち日とは、権利付最終売買日の翌営業日をいい、株主の権利を得られないことを指して「落ち」という言葉が使われています。

権利落ち日は、株主の権利を得た株主が株式を売却したり、形式的には配当金の分の株式価値が落ちるため、株価は下落する傾向にあるといわれています。

日程をまとめると以下の通りとなります。
権利付最終売買日←(1営業日前)←権利落ち日←(1営業日前)←権利確定日

まとめ

権利付最終売買日←(1営業日前)←権利落ち日←(1営業日前)←権利確定日

広告

広告

-取引所規則

執筆者:

関連記事

新型コロナウイルスの名称はCOVID-19?正式名称は?開示書類でどう書けば良い?

新型コロナウイルスが引き続き猛威を振るっています。 株式総務の担当として、開示書類に新型コロナウイルスに関して記載するとき、どのように記載するか、名称に迷いませんか? 失礼になるので具体例は挙げません …

新型コロナウイルス感染症に関する株式総務関連情報まとめ

当サイト「株式総務」は、株式総務に関して、拙くも解説しているウェブサイトですが、当記事では、新型コロナウイルスに関する株式総務関連情報をまとめてみました。 なお、当サイト「株式総務」は、株式会社を想定 …

開示書類や法令等における「及び」「並びに」「又は」「若しくは」の使い分け

株主総会招集通知、有価証券報告書、決算短信その他の適時開示(以下総称して「開示書類」といいます。)を作成する際に、または会社法、金融商品取引法その他の法令及び取引所規則を閲覧する際に、「及び」、「並び …

株式総務に係る取引所規則まとめ(東京証券取引所)(英語版)

株式総務の業務において、英文開示の要望が高まり、また義務化の方向に着実に進んでいます。そのような中で、株式総務に係る各種法令を確認したいと思われる機会も増えているのではと思います。 「株式総務に係る取 …

株主総会における議決権電子行使の混同(株主名簿管理人と議決権電子行使プラットフォーム)

株主総会における議決権電子行使について、株主名簿管理人(証券代行)によるインターネットによる議決権行使サービス(電子投票システム)と、ICJによる議決権電子行使プラットフォームが混同されているように思 …



名前:
火星に似たもの

職業:
とある会社で株式総務を担当しています。
株式総務に関するウェブサイトが少ないな、あると便利なのにな、と思い、拙くも開設してみました。