株式総務

株式に関する業務を中心とした総務の業務を解説します。

公告 会社法

決算公告の電子公告調査は必要?不要?

投稿日:2020年6月8日 更新日:

「あなたの会社は決算公告をウェブサイトに掲載しているようですが、電子公告調査はしていますか?」と問われて、一瞬どきっとしてしまう、上場会社の株式総務のご担当者の方もいるのではないでしょうか?

当記事では、決算公告の電子公告調査の必要性について、ご説明したいと思います。

公告については「公告とは?公告の方法は?何種類ある?」もご参照ください。
電子公告については「電子公告とは?電子公告調査とは?調査機関の調べ方は?」もご参照ください。
決算公告については「上場会社の決算公告は必要?不要?決算公告とは?」もご参照ください。

なお、当サイト「株式総務」は、株式会社を想定した記事を作成しております。




決算公告の電子公告調査は必要?不要?

電子公告とは?

株主総会終了後に、終了した事業年度の決算(原則として、貸借対照表(BS)のみ。例外として、大会社は貸借対照表(BS)及び損益計算書(PL)。)を公告する義務を、会社は負っています。

決算公告については「上場会社の決算公告は必要?不要?決算公告とは?」もご参照ください。

電子公告調査とは?

電子公告は、官報又は日刊新聞紙の場合と異なり、事後の改ざんが容易であるなどの問題があることから、電子公告が適法に行われたかどうかについて客観的証拠を残すため、法務大臣の登録を受けた電子公告調査機関の調査を受けなければなりません。
(「電子公告制度について(法務省)」より引用。)

電子公告については「電子公告とは?電子公告調査とは?調査機関の調べ方は?」もご参照ください。

決算公告の電子公告調査は必要?不要?

結論から申し上げますと、不要です。
法令上も、以下の通り定められています。
決算公告は電子公告調査の例外とされています。

(電子公告調査)
第九百四十一条 この法律又は他の法律の規定による公告(第四百四十条第一項の規定による公告を除く。以下この節において同じ。)を電子公告によりしようとする会社は、公告期間中、当該公告の内容である情報が不特定多数の者が提供を受けることができる状態に置かれているかどうかについて、法務省令で定めるところにより、法務大臣の登録を受けた者(以下この節において「調査機関」という。)に対し、調査を行うことを求めなければならない。

(計算書類の公告)
第四百四十条 株式会社は、法務省令で定めるところにより、定時株主総会の終結後遅滞なく、貸借対照表(大会社にあっては、貸借対照表及び損益計算書)を公告しなければならない。

会社法

まとめ

決算公告の電子公告調査は不要!

公告については「公告とは?公告の方法は?何種類ある?」もご参照ください。
電子公告については「電子公告とは?電子公告調査とは?調査機関の調べ方は?」もご参照ください。
決算公告については「上場会社の決算公告は必要?不要?決算公告とは?」もご参照ください。

広告

広告

-公告, 会社法

執筆者:

関連記事

クラウド型電子署名やリモート型電子署名を認めるには電子署名法の改正が必要ではないかとおもったこと

取締役会議事録の電子署名としてリモート型電子署名・クラウド型電子署名を法務省が認めましたが、解釈を変更するだけでいいのかな?法改正が必要ではないのかな?と思ったので、記事にしてみました。 当サイト「株 …

役員とは?社長、会長、常務、専務、取締役、監査役、執行役、執行役員は含まれる?

「○○の件について、役員全員にメールしといて!」と言われた時、誰にメールを送ればいいかわからず、困ったことはありませんか? 当記事では、役員という言葉が指す対象について、法令の定めも参照しながら、ご説 …

指名委員会等設置会社と監査等委員会設置会社の最大の違い

指名委員会等設置会社と監査等委員会設置会社の最大の違いは何か、おわかりでしょうか? その違いは、監査等委員会設置会社という機関設計が設けられた理由でもあります。 当記事では、指名委員会等設置会社と監査 …

役員の逝去による退任時の手続き

役員の逝去による退任時にはどのような手続きが必要なのでしょうか? 当記事では、役員の逝去による退任時の手続きについて、ご説明します。 (対象者が代表取締役でない場合を想定しています。) 目次1 役員の …

シャチハタを実印として印鑑提出(印鑑登録)することは可能?

シャチハタを実印として印鑑提出(印鑑登録)することは可能なのでしょうか? 三文判とは?実印になる?認印でしか使えない? 上記記事をご参照いただいた方は、三文判だけではなく、シャチハタも実印として印鑑提 …



名前:
火星に似たもの

職業:
とある会社で株式総務を担当しています。
株式総務に関するウェブサイトが少ないな、あると便利なのにな、と思い、拙くも開設してみました。